病院選びで気を付けること

笑顔

城東区でさまざまな病院を比較する際に、特に、内科を選ぶ場合は注意をする必要があります。また、城東区の中でも病院の数の多いエリアの場合は、あらかじめ選択のための条件をはっきりと決めておくことが大切です。

Read More...

医療サービスの提供の仕方

空

在宅医療サービスを選択する一工夫により、不必要な入院や施設退去などを回避することができるため、世田谷区の医療機関では質を高めた医療支援に乗り出しています。自宅のみならず、自宅同様に生活する老人ホームでもサービスが利用でき、人気を集めています。

Read More...

血液のスムーズな流れ

女の人

動脈硬化を起こさないこと

脳梗塞は脳の動脈に血栓が詰まってしまい脳内の細胞に血液が送られることができないために起こってしまう病気です。脳細胞に運ばれてくるべき酸素や栄養が閉ざされてしまうために脳細胞が死んでしまい体の機能がマヒしてしまいます。脳梗塞の原因である血栓ができてしまう原因に動脈硬化が挙げられています。普通の血管であれば弾力性がありその中に流れる血液もサラサラの状態で流れていきますが、動脈硬化を起こしてしまった血管内を流れる血液はどうしてもよどみがちになって、血液の流れが滞ってしまいがちになります。そこに血液の塊である血栓ができてしまうことになります。動脈硬化を予防するためにも、また脳梗塞を防ぐためにも普段の血液の管理や食生活、ストレスなど生活の改善を行っていくことが動脈硬化を予防するためには有効です。

血栓は不整脈でも

血管が弾力性を失ってしまう原因の動脈硬化を防ぐためには、血圧の管理がとても重要です。特に高血圧の人は血液が流れるときに血管に圧力がかかったままになってしまいます。これが長い期間続いてしまうと、血管が縮まりにくくなってしまい、動脈硬化になってしまいます。血圧を下げる薬剤で対処が可能ですがこの薬品は一度飲むと一生それを飲んで血圧の管理をすることになります。これらの薬品を処方されている人は飲み忘れることがないようにしなければなりません。脳梗塞の原因となる血栓が心臓内でできる人も多くいます。そのほとんどが不整脈を持っている人で、心臓内で不整脈により血液が滞ることで血栓が発生します。これらの人は早急に心臓の治療を行い血栓ができないようにすることが大切です。

今多い病気と病院

景色

心臓などの疾患が多くなっているので、循環器科を受診する人が増えています。ストレスや喫煙などで心臓疾患が増えています。今後はより運動不足や高齢化が深刻化しますから、より一層需要が高まり、治療法も増えるでしょう。

Read More...